C++/CLIでNotes C APIを使用する設定

Notes C API を C++/CLI から使う方法を書いたものがインターネット上に見当たらなかったので書いてみました。

以下の設定はVisual Studio 2005 Standard Edition (英語バージョン)を使っています。

  1. New Projectからプロジェクトを作成したあと、[Project] – [Properties]からプロパティを開きます。
  2. 左のナビゲーションから [Configuration Properties] – [General] を開く。Dynamic Library(.dll) Common Language Runtime Support (/clr) を設定
    Configuration Properties - General

    Configuration Properties - General

  3. プロパティから [C/C++] – [General]を開きます。[Additional Include Directories]に Notes C API include folderを追加。

    C/C++ - General

    C/C++ - General

  4. [C/C++] – [Peprocessor]を開きます。[Preprocessor Definitions]に W32;WIN32 を追加。

    C/C++ - Preprocessor

    C/C++ - Preprocessor

  5. [C/C++] – [Code Generation]を開きます。[Runtime Library]からMulti-threaded DLL (/MD)を選択。

    C/C++ - Code Generation

    C/C++ - Code Generation

  6. [Linker] – [General]を開きます。[Additional Include Directories]にC Notes API Libraryを追加。

    Linker - General

    Linker - General

  7. [Linker] – [Input]を開きます。[Additional Dependencies]にnotes.lib を追加。
    Linker - Input

    Linker - Input

    必要であればnotes.libを相対パスで指定します。(例)notesapilibmswin32notes.lib

以上です。

Notes C APIを快適なC++/CLIのプログラミングでラッピングしてしまうことで、他のプログラム(C#やJava)とのインテグレーションが容易になると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

ninety two  −    =  eighty nine